アマゾン利用体験記

Amazonサービスに対する批判

アマゾンのサービスを利用した時の煩わしさや不満などを綴った体験記です。

アマゾンの便利ガイド

アマゾンと言えば、世界で最も有名なインターネット通販モールですが、こういった巨大サービスは取扱商品が多すぎてネット通販に慣れていない方や年配の方などが敷居が高過ぎて使えないというような状況があるようです。

先日、私の叔母がタブレットパソコンを買ったのでネットモールをを利用しようと思ったが、商品を探す段階であきらめてしまったと聞きました。

まあ、ざっと調べてみると日本部門(Amazon.co.jp)だけで1億点以上の商品数という数字ですから、商店に行って物を見ながら選ぶような買い物が普通の叔母には目的の物を探すところまで行けなかったのかもしれません。

そこでわたしは、叔母のタブレットにセットしてあるGメールに、見やすいAmazonのサポートサイトのホームページを送っておきました。

いまは、HTML5だ、CSSデザインにフラッシュだとインタラクティブ性やデザインだけを強調して、実際どうやって使うのかと悩んでしまうようなサイトが多いのが現状ですが、このサイトの場合、アマゾンを初めて利用する者へ向けて簡単なべた書きで見やすくカテゴリー分けがなされています。

カテゴリにどんな商品があるかは、上から下に向けてブラウスしながら読むだけで、あのややこしいカテゴリー分けで迷子にならないので叔母もこの情報サイトから買い物をスタートさせると、目的の物を探せるようになったようです。

アマゾンへの要望

食品から衣料、電化製品まで様々な物をアマゾンで購入してきました。

他の通販サイトや実店舗より安い場合もあるので、物によってはかなりお買得になると思います。

取り寄せにならない限りは、ほぼ確実に注文日の翌日に配送されるので大変ありがたかったです。宅配業者さんにしてみれば、大変な話だと思いますが。

私は各ポイントサイトを利用しているので、貯まったポイントをギフト券と交換することもあります。

数パーセントお得に交換できることが多いですから。

年間で見ると、交換したギフト券が万単位になっていることもあります。コンスタントに消費していますから、他の通販サイトと比べてもアマゾンの利用頻度はかなり高いなと思っています。それだけ品揃えが豊富ということですね。

昨今の宅配業界の厳しさから鑑みれば、送料が有料なのは当然なのかもしれません。それでも出来れば、毎回翌日配送でなくていいので、送料を安くしてもらえたらなと思っています。

その点は、月一度以上利用するならプライム会員でほぼ解決ですが・・・

もう一つ残念なのは、あまりにも商品が膨大すぎて検索やカテゴリがいまいち使いずらいという事ですね。

私は Amazon情報サイトというサイトのカテゴリ一覧が一場面で見やすいのでそこから目的の商品を探すことが多いです。

Amazonの使い勝手

うちの近所に巨大な工場跡の空き地があったのですが、先月に入り、なにやら工事が始まりました。

町内会の役員会で知ったのですが、どうもそれはAmazonの流通倉庫が出来る様なのです。

私もAmazonはよく利用しますし、プライム会員にもなっています。

ただ、外資系企業という事でどうも日本の企業と異なるユーザービリティーだなと思う事が多々あり、その中でも「比較」「一括検索」機能があまり充実していないと思うのです。

商品数が世界一のネットモールという事で、一つ一つを管理できないのは分かりますが、同じ商品が並んだ際に最安値や割引を見つけにくいなという事です。

一応「この商品はここでも買えます」のようなショートカットはありますし、詳細検索はあるのですが、立てにメニューが長すぎて使いず楽、それとは別に安いストアを後から発見したりして何度か失敗しました。

まあ、商品によってはそんなに安くない場合もあるのですが、すでに専門店で売り切れていたり、プレミアがついているアイテムも定価で買えたりしますので、どこかで買い物をする際にはスマホで必ずチェックしています。

最近ネットでAmazonのツールサイトを見つけて、価格順でのソートや一括検索をワンクリックで出来てかなり重宝しています。

Amazonが直接販売しているもの

最近目にするマーケットプレイスでの売買トラブルですが、マーケットプレイスはいわばショッピングセンターには行ったテナントのようなモノだと思うので、それを知らない人が結構いるのではと思います。

外資系なので日本のショッピングサイトのように何から何まで細かに案内されているわけでは無い事もあって、使い方やカテゴリー別直リンクなどのサポートサイトもあるようです。

私は、2年ほど前からAmazonプライムを何度も利用させてもらっていますが、プライム対応の商品では全くトラブルになった事はありません。

その一番の理由は購入するものの大半がAmazonが直接販売しているものだからだと思います。

流通センターに商品を預けて直売と同様に管理されている商品も大丈夫だと思いますし、関東圏だと配送が無料になることも多いです。

私はプライムなので急ぎ送料も無料です。

支払い方法もキャッシュやコンビニなどでの払い込みのほかに代引きを選択することもできます。

ネット通販会社は信用が第一ですし、よほど運が悪くない限り直接販売で問題が起こることはないのではないでしょうか。

直接販売以外のものを買うこともありましたが、今のところ問題が起こったことはありません。

Amazonと個人情報

Amazon以外だと楽天やお気に入りの中古販売通販サイトくらいしか利用していません。

その理由は単純にアカウントをいくつも持ちたくないからです。

通信販売でものを購入するにはどうしても名前や住所などの個人情報を入力しなければいけません。

そしていまこの個人情報が外部に漏れることによる問題があちこちで起こっています。

いつどこでどのようにして自分の情報が悪質な人物の手に渡るとも限らないのです。

それを避けるにはなるべく個人情報を入力するところを少なくすることが大切です。

やはり世界一のネット通販モールですから、コンプライアンスがしっかりしていると考えています。

とにかくむやみやたらに色々な通販サイトのアカウントをとったりして個人情報を入力しないようにした方が賢明であると思っているのです。

さて、そんなわけでAmazon以外の通信販売はほとんど使わない自分ですが、不満や不便を感じたことはありません。

ファッション系のモノでも意外に最新のアイテムが揃っていますし、本に関しては無敵の品ぞろえと言えるでしょう。

ただ、初心者の方は独特のカテゴリ分けで迷子になってしまうかもしれませんので、Amazonの利用ガイドやまとめサイトから目的の商品を探した方が良いかもしれませんね。

アマゾンの利用頻度

現在育児中の専業主婦です。出産前からマーケットプレイスも含めアマゾンはよく利用していましたが、産後は特に外出する時間や体力もないため利用頻度は圧倒的に増えました。

欲しいと思ったときにすぐ注文できて、翌日か翌々日には届くのでとても便利で助かります。

ファッションや日用品、育児グッズなどを購入しますが、中でもよく購入するようになったのが漫画や雑誌、絵本などの書籍です。

漫画を読むことが趣味で、合間を見て一人の時間をつくってはひっそりと楽しんでいます。

好きなジャンルは新巻が出れば単行本を購入していますが、出版社が変われば発売日も違うので、購入するたびに次から次へとダンボール箱が家に溜まるのが最近の悩みです。

雑誌と文庫本、絵本などハードカバーでは大きさもまちまちのため、サイズ違いのダンボール箱が立て続けに届くと厄介です。

本1,2冊程度の場合、封筒型のもので届く分には楽なのであまり気になりませんが、ダンボール箱の解体とゴミ出し準備がひたすら面倒くさくてついつい玄関に放置しがちです。

できることなら、通常の燃えるゴミとして処分できるような軽装で画期的な簡易包装ができたら、益々利便性が良くなるだろうなぁと期待しています。

プライム会員ならば送料無料で早く届けてもらえるアマゾンは、とてもお勧めできるサイトだと思います。