アマゾン利用体験記

Amazonサービスの良さ

アマゾンのサービスを利用した時の良さを綴った体験記です。

Amazonプライム

皆さんは、Amazonプライム会員に加入したことはありますか?

Amazonプライム会員は、年会費が3900円で様々な優遇が受けられる有料のサービスです。

まず、プライム会員に加入しているとAmazonで商品を買った時に送料が無料(お急ぎ便も無料)になります。

会員ではない方がAmazonで商品を買うと、2000円以下の商品の場合は配送料で350円が掛かってしまいますので、それが会員だと、どんな少額の商品でも配送料が無料ですし、お急ぎ便で早く届けてもらうこともできます。

次に、加入していると映画やドラマが見放題で見ることが出来ます。

プライムビデオという所に入っている映画やドラマ、アニメなどを見ることが出来て、どんどん更新されていきますのでずっと飽きずに楽しめます。

さらにオリジナルのドラマなど会員にしか見ることが出来ないコンテンツもあり、これだけでも非常にお得です。

最後に、電子書籍を毎月一冊無料で読むことが出来ます。

3000冊以上の中から好きな本を選ぶことが出来るため、Kindleタブレットを購入しておくか、スマホアプリ、PCアプリを入れていくのがおすすめです。

ライブラリにある本はどの端末でも共有され、読みかけの位置まで記録されていますのでとても便利です。

Amazonは商品点数の豊富さが魅力です。「こんなモノがあればいいな」とか「このアイテムはAmazonにないかな」と探してみると、大抵のものはそろいます。

価格を比較するために他ECショップをのぞいたりもしますが、一括で注文できる便利さに、結局Amazonで購入することが多いです。

ショッピングモールタイプの他サイトでは、別々のお店からバラバラに配送することになったりしますが、Amazonの場合、マーケットプレイス以外は発送も自社の流通センターから統一されたパッケージで郵送されます。

商品到着がバラけなくていいですし、配送業者さんも一回の配達ですむので負担が軽くなります。

プライム会員に登録すれば、短時間あるいは短日数で配送してくれる「お急ぎ便」や、時間指定も可能になりグンと便利になります。

音楽やビデオ、写真保存のストレージ、食品関係専門の「パントリー」など、確かに入会すれば格段に便利になり、使いやすくなります。

プライム会員になるには年間3,900円必要になります。

米Amazonのプライムは99ドル(およそ11,000円)ですから、日本のプライムはずいぶんとお得感があります。

ユーザーの囲い込みが完了すると値上げするかも!?といううわさもあるようですが、いざとなれば簡単に解約できますし、今のところ価格以上のサービス内容ですごく便利かつ快適です。登録しない手はないと思います。

Amazonの本カテゴリ

Amazonでよく本を買いますが、最初から本カテゴリを掘って購入する事はあまりないですね。

商品が膨大すぎて各カテゴリの直リンクサイトから探すことはありますが、まず本屋に行って本を吟味、そして本当に欲しいと思ったらそのままレジへ行くのではなく、Amazonで探すのです。

ここでAmazonの本カテゴリを使うメリットは3つ。

まず、ポイントが貯まることです。

私はプライムスチューデントなのでAmazonが販売している本であれば、本の料金の10%をポイントとして手に入れることができます。

2つ目メリットは中古で安い本が見つかることです。

私は本であれば中古でもあまり気にしませんし、よほどレアな本科人気の本でない限りほぼ捨て値で売っています。

探している本が安価で手に入るのはお財布にも優しく本当にありがたいことです。(この場合残念ながらポイントは貯まらないのですが。)

中古の状態に関しても、いくつかの段階に分けて表示してくれているので大変選びやすいです。

最後に、欲しい本が大判本であったり、複数買ってしまうと、本屋さんから自宅まで持って帰るのに意外と苦労するんですが、そんなとき通販を利用すればそのような労力も使わずにすむのでこんな理由でも頼ってしまいます。

店頭で本を購入するときほとんどの場合、今すぐにでも欲しいということはないので、私は真っ先にスマートフォンでアプリを起動します。

また、私が感じたのはAmazonの本カテゴリは、ベストセラーや新刊はもちろん絶版や判違いなどかなりマニアックなものも手に入る事です。

古本も他のサイトと比べると知名度がある企業が管理している安心感もあります。

特に状態のトラブルなどは、マーケットプレイスでもきちんと対応しなくてはいけませんし、状態に不備があるものははじめからかなり価格を下げて販売しています。

また、他のサイトは昔に出た本の在庫がなかったりするのですが、在庫が多く入荷も早いので探し回る手間が少ないのも良いところだと思います。

まあ、大きすぎるネットショップという事で根がポイントも少なからずはあります。

やはり品数が豊富すぎて衝動買い的な道の本との出会いが無い事です。

本屋に行くと自分の目当ての本以外の棚も見てそこで新たに欲しい本が見つかって購入してしまうことがありました。

Amazonの本カテゴリでは、機械的にジャンルや出版社で分類されているだけですから目的の本があって初めて購入に至るわけです。

もちろん、ブックレビューサイトなどで面白そうな本のレビューを見てアマゾンで検索する事はありますが、本屋さんのようにキュレーターのような役割をするスタッフが新刊を紹介しても良いかもしれません。

Amazonの配送とパッキング

Amazonのすごいところは、パッキングですよね。

普通、商品が箱に糊付けされたボール紙に熱圧縮ラッピングでがっちりと固定されており、運送中に箱の中で動かないようにしてあります。

買った商品が小さく、かつ頑丈なものであればレターパックのような封筒状の箱に梱包されて届くこともあり、またお酒などの割れ物を購入した際には、箱と商品のスキマに梱包材代わりの紙がぎっしりと丸めて詰め込まれてあり、運送中の衝撃にもしっかり対応してくれています。

私は頻繁に利用し始めて5年ほどになりますが、注文した商品と違ったり、商品が壊れていたことは1回もありません。

信頼の裏返しか、このダンボール箱が大きすぎる事があり、空気を送ってきたのかと思う事がありますが・・・。

アマゾンの輸入食材

アマゾンでは、なかなか手に入りにくい輸入モノの食品・飲料がそろっています。

たとえば、グラノーラなどはカルビー製品が大人気ですが、スイスやドイツのものが気軽に手に入ったりします。それらの食べ比べをしてみるのも楽しいものです。

グラノーラは毎日食べるものですが、同じものを続けて食べていると、さすがに飽きてきます。そんなとき「こういうのがあるな」とか「ちょっとこっちを試してみようか」というふうにいろいろ挑戦できるのもうれしいですね。

近所のスーパーなどでは品数にどうしても制限があります。

ですからグラノーラにしても、そう種類が豊富なわけではありません。そしてさらに輸入モノとなれば、置いているお店も少なくなります。大抵、ちょっとお高めの高級スーパーなどに足を伸ばすことになります。

あるいは輸入品専門の食品店などですが、近所ならともかく少し遠いところにあったりすると、億劫になることもあります。

その点アマゾンでは、注文すれば配送をしてくれるわけですから、これは便利ですね。

ほかに、日本でもどこにでも置いてあって見慣れているポテトチップスなども、海外のものは味付けがちょっと変わっていたり、かなり大きめで厚く食べごたえがあったりと、いろいろ違いがあっておもしろいです。

こういう新たな「発見」があるのもグローバルショッピングモールの魅力です。

Amazonの電子書籍

私はよく手芸用品を購入しているのですが、手芸の本を購入する時はAmazonが非常に便利だと感じました。

その理由は、発送する商品は配送料が無料で、しかも届くのがすごく早いのです。

前日に注文した本が次の日にはもう自宅に届いています。

ここ数年、電子書籍の普及に伴い、Amazonでも電子書籍の取り扱いが増えました。

こちらは注文したら即、本が読めるところが魅力です。

紙の本を捲りたい、手元に置いておきたい、という人には物足りないかと思いますが、とにかく中身をすぐに読みたい!って人にはかなりお勧めです。

しかも、単行本に比べて、電子書籍版は安くなっている事があるので非常にお得です。

私の場合ですと、ビーズや毛糸などの材料は手元にあるのに、肝心のアイデアが浮かばない、作り方がわからないという時に電子書籍が役立ちます。

昔だったら、ネットで本を注文しても届くまでに時間があるので、創作意欲が削がれてしまう事がありました。

ですが、現代では買ってすぐに読める電子書籍があるので、創作意欲が湧いた時にそのやる気を無駄にしなくて済みます。

”なか見!検索”という所謂試し読みができるのも魅力の一つです。

表紙や内容紹介だけでは伝わらない部分というのは沢山あります。

これだ!と思って買った本も、表紙を捲ってみると「思っていたのと違った・・・」なんて事が沢山あります。

本屋さんだと試し読みができるのでこういった失敗も少ないのですが、ネットだとなかなかそうもいかないんですよね。

なので、こういう試し読み機能のあるサイトはとても貴重です。

Amazonで本を買うメリット

通販サイトのAmazonで本を買うメリットとしては、読みたい時に注文して直ぐに届くというスピード感です。

丁寧に保管していれば価値のある本はずっと価値がありますから。

またデータとしての保管なので飾る事も出来ず、私は好きな本は部屋に飾る事でインテリアの一部にもなると考えているからこそ、紙媒体で買いたいのです。

なので電子書籍を除けば、Amazonは最も最短で本が届く購入方法と言え、その事から重宝しています。

程度を気にしない方なら中古1円本もかなり豊富で、出たばかりの出版物以外なら絶対に中古を検索してからの方が良いと思います。

そして、Amazonの通販のもう一つのポイントで一番のメリットはアカウントで今までの購入履歴が管理できるからこそ、自分の好きな本の情報や買いたいリストなどを管理しやすく、それに加えて購入履歴からオススメの本なども表示されるから自分で探していたけど目に付かなかった本にも触れる機会があり、意外な発見も多く読書ライフが面白くなるので非常に使い勝手が良くオススメです。